美容やダイエットに効果的で、モデルやセレブもスタイル維持に活用していることで話題となったスーパーフード、チアシードの栄養素や食べることによって得られる効果についてご説明しましょう。まず、チアシードに含まれるオメガ3脂肪酸には、血管を拡張させたり血栓を防ぐ等の効果があり、血行を良くします。これにより体が温まり血色が良くなるだけではなく、生活習慣病が抑制されます。このオメガ3脂肪酸は体内では生成出来ないため、チアシードから摂取すると良いでしょう。
c18
チアシードには鉄分も多く含まれていて、貧血を予防し、疲れやすい体質の人や生理中の女性に嬉しい効果があります。また、亜鉛の含有量も多く、これは免疫力の向上に役立ちます。こちらも人の体内では作ることが出来ず、体外から摂取することしか出来ない、貴重な栄養素です。亜鉛不足は免疫の低下でけでなく味覚障害や精神障害の原因ともなり得るので、積極的に摂取しましょう。そして肌や爪、髪の毛を健康にするアミノ酸も含まれています。

ダイエットにも効果的とされるチアシードには、食物繊維も沢山含まれています。チアシードは水に浸しておくと、粒のまわりにジェル状のものが発生します。これはグルコマンナンと呼ばれる水溶性食物繊維で、チアシードを大さじ1杯(約10グラム)食べるだけでレタス1個分の繊維を摂取することが出来るといわれています。これは便秘を改善させ、それによるデトックスや肌のツヤをよくする効果が期待出来ます。

また、ダイエット中には特に摂取したい、筋肉をつくるもとになるタンパク質もチアシードから摂ることが出来ます。ダイエットの食事制限により、食べる量が減り不足しがちな栄養素もチアシードからなら効率的に摂取できるというわけです。しかし、チアシード大さじ1杯には50キロカロリーもの熱量が含まれており、大量に食べるとカロリー過多となりかえって太ってしまうことがあるので、食べ過ぎないように注意する必要があります。
c19
食べる際には必ずふやかして食べるようにします(水やヨーグルト、豆乳、牛乳等に浸しましょう)。加熱すると栄養素を壊す可能性があるので、生で食べましょう。スムージーやデザートに混ぜて食べると、チアシードの栄養素を効率的に摂ることが出来ます。