カフェのデザートに使用されていたチアシードが気に入って、自分でも購入して食べるようになりました。

そのままで食べるより、水分を吸わせてぷっくりもちもちした食感が好きなので、牛乳やココナッツミルクに入れ、朝ごはん代わりに食べていました。
気に入って食べ始めたので、その効能の高さは後で知ったのですが、一番実感したことは「花粉症の緩和」です。
c6
春先に家族が花粉症を発症し始めたころ、ひとりチアシードで朝ご飯を食べていた自分は「まだだなーもうすぐくるかなー」と思いながら過ごしていたのですが、結局その思いだけで例年の酷い花粉症がほとんど発症しなかったのです。
鼻炎はもちろん目もかゆくなり、仕事に支障をきたすほど苦手としていた季節だったのですが、あっさりと乗り切ってしまいました。
家族もかなり驚いていました。

食べ続けるうちにさすがに飽きてきて毎日とはいかなくなりましたが、それでも3日に一度はチアシードを朝ごはんとして食べていたところ、秋のイネ花粉の時期も例年の辛い症状がほとんどなく過ごすことができています。
今まで鼻炎薬を手放せなかったのですが、症状が改善するのは良いものの喉の渇きがひどかったのでいつかやめたいと思っていたところに、想像以上にチアシードが効いてびっくりです。(生活や食事のスタイルは、チアシード以外ほとんど例年と変わっていません。)
一年に二回の花粉症の時期を乗り切ったことで、家族もチアシードを食べるようになりました。
c7
現在は水を含ませずごはんのおかずの中にチアシードを取り入れるレシピも気に入っていて、とくに葉物野菜のいためものにふりかける食べ方が気に入っています。
やわらかい野菜にカリカリとしたチアシードの食感が楽しく、ごはんもすすみます。

おいしくて食べ始めたチアシードが、長く困っていた花粉症を改善してくれてびっくり&助かりました。