オメガ3脂肪酸と食物繊維を豊富に含み、その栄養素の高さからスーパーフードとも呼ばれるチアシード。
チアシード自体には味が無いため、水で戻してから何かに混ぜて飲む・食べる、というのが一般的です。
中でも、ヨーグルトは定番中の定番の食材ではないでしょうか?

チアシードは水で戻して食べますが、ヨーグルトと一緒に食べる場合は、ヨーグルトの中でチアシードを戻すとさらに簡単です。
ヨーグルトにチアシードを入れて混ぜ、冷蔵庫で半日(12時間程度)置くだけ!
時間がかかると思われますが、半日程度漬けておかないと、チアシードがしっかり戻りません。忘れやすい人は、買ってきてすぐにチアシードを混ぜて置いておくのもいいですね。
c11
さらに、美味しく食べるためにはドライフルーツを一緒に混ぜるがおススメです!
ドライフルーツも半日程度ヨーグルトにつけておくと、ドライフルーツがヨーグルトの水分を吸収し、ふっくらジューシーになりヨーグルトも水分が減って濃厚な味になるので、チアシードと同じタイミングで入れておけば、リッチで美味しく栄養もあるヨーグルトデザートの出来上がり!
濃厚なヨーグルトにチアシードのプチプチ、ジューシーなドライフルーツの甘みがたまりません!
c10
ドライフルーツの種類を変えれば、さらに色々な味が楽しめますね。
しかも、ドライフルーツは不溶性の食物繊維を含むため、ヨーグルトとチアシードに組み合わせると、便秘解消・予防効果がさらにアップ!
ただし、ドライフルーツを入れる場合は、無糖タイプのヨーグルトをおススメします。ドライフルーツの素朴な味が生かされますし、なによりドライフルーツは栄養価が高い分カロリーも高いからです。

朝食にも、オヤツにもピッタリな、チアシードとヨーグルトとドライフルーツの組み合わせ。
一度試してみてはいかがでしょうか?

チアシードの効果はダイエットだけじゃない!

チアシードと聞くとダイエットに非常に効果的だというイメージを抱いている人がとても多いのではないかとおもいます。
勿論、ダイエットのいいサポートになってくれる食品であることは本当なのですが、チアシードが持っている力はそれだけではありません。
チアシードを食べることは身体がスリムになる以外の部分でも美しさを引き出す効果があると考えられているのです。

・そもそもチアシードとは?

c12
南米では多くの人達に親しまれていて、見た目は胡麻より小さく、食感も胡麻みたいなのに、昔から大さじ1杯食べれば、1日は生きることが出来るというぐらい栄養価が高い食品であることから「スーパーフード」と呼ばれているのがチアシードです。
その中身にはオメガ3系脂肪酸の量が多く、他にもタンパク質やミネラル、ビタミン、必須アミノ酸、食物繊維、脂質が含まれています。
その中でも美容のためにうってつけなのがオメガ3系脂肪酸と食物繊維です。

・オメガ3の美容効果とは?

c13
体内での合成が不可能な必須脂肪酸であるオメガ3系脂肪酸には美肌効果があります。
これは、オメガ3系脂肪酸は細胞膜・細胞間脂質の元であることが関係しています。
というのも、年齢を重ねるとターンオーバー・水分保持力は低下してしまいます。
その原因は細胞膜・細胞間脂質が少なくなってしまったことも理由の1つなので、オメガ3系脂肪酸を摂取することは、肌に美しさを取り戻すことの出来ると考えられているのです。

・食物繊維の美容効果とは?

c14
チアシードは水につけるとジェル状になるのですがこれは水溶性の食物繊維が影響しています。
チアシードは最も食物繊維が多い食材の1つです。
それも不溶性の食物繊維が多いので腸内環境改善に役立ちます。
そうなると美肌効果が期待できるのです。

・まとめ

オメガ3系脂肪酸はとても豊富な食材はそうそうありませんし、ダイエットにも効果のあるチアシードを利用してあなたも美しくなりませんか?
c15